デザイン・企画 ダイレクトマーケティング事業部

松崎 剛 デザイナー歴8年

クリエイティブの価値を上げていく

制作会社→家具の輸入販売→広告代理店→通販会社という経歴で、紙・WEB両方のデザイン業務を行なってきました。広告代理店の時代は、制作部なのに売上インセンティブが給料に反映されるとても珍しい会社だったので、自然と「数字」を意識するようになりました。 だからこそ再版受注をもらえるクリエイティブこそが「本当の意味で優れたデザインなのでは?」と考えるようになり、その最先端である通販会社で働いてみたい!と考えるようになりました。 最初に入った通販会社では、新聞広告やテレビ広告の制作をしており、自分が作ったクリエイティブが翌日ハッキリと数字に表れるので、怖い反面とても面白かったです。その後、ブランド立ち上げなど経験させて頂き、通販マーケティングそのものに魅せられていきました。 そんな中、弊社代表の越山と話をする機会があり、その理念や価値観、何より人間性に共感したことから、アスクレピオス製薬にジョインしました。

ぶっちゃけ何でも屋です(笑)

ランディングページのディレクションやパンフレットの作成など、入社当初はクリエイティブ業務に専念していたのですが、気がついたらタグの設定や、システムの管理、CRM業務などなど何でもやっています。通販の場合、全てのセクションが連動して動くので、裏側のオペレーションまで確認しながら制作に当たるようにしてます。表面的にどんなに良いものを作っても、動線がつながらなければ「実現できないからNG!」とお蔵入りなってしまうのが通販クリエイティブなのでw

通販に特化したクリエイティブの
プロ集団を作る

今では、プロモーショ やろうと思えば一人で通販ブランドの運営ができるような「通販に特化したクリエイティブのプロ集団」を作っていきたいです!逆に、デザイナーやディレクターとして一流になりたいという方も、通販スキームを理解することで、顧客貢献のできるクリエイティブが生み出せるようになりますので、通販のナレッジも貯めて行きたいと思います。

越山さんってどんな人

裏表がなく、緻密に考えるところと大胆さのバランスが良い人だと思います。基本、社員に任せる(頼む)のが上手なのですが、それは「ここまでなら彼に任せて大丈夫!」という基準が明確にあるからなんですよね。あとは、「スーパーポジティブ」です。落ち込んでいる時には、自分がおかしいのかな?と思ってしまうくらいですw

アスクの良いところ

感情論ではなく論理立てて話すと、必ず社長が自分の考えを受け入れた上で一緒に考えてくれるところです。あとは、いじられキャラの可愛い後輩がいるとこですかねw

アスクに向いていない人

指示待ちタイプの方や、変化を恐れている人ですね。逆に、柔軟な思考や行動力のある人は絶対に活躍できます!今の会社規模ではポジションによる縦割りができていないので、通販マーケを全部を知りたい!という積極的な人は向いていると思いますが、この仕事だけしかしたくないという消極的な方は、マッチしにくいかと思います。

デザイナー募集事項を見る